病院基幹業務統合パッケージ – Live(精神科病院向け)


最新のWeb技術により誰でも簡単に扱うことのできる操作性をもった、
新しい時代に対応した精神科病院向け電子カルテシステムです。
Liveは精神科医療のすべての現場に優しく、便利な医療環境をご提供します。

病棟マップ

病棟の見取り図に合わせた画面により直感的に患者を選択する事が可能です。

総合診療記録

診察記事は医師診療録だけではなく、看護記録や服薬指導記録、作業療法記録など院内の部門記録を時系列に並べて表示し、各部門で共有することが可能です。
また、精神科に多い叙述的な記事の作成を支援する機能を備えています。

フローシート

患者の日々のバイタル情報やチェック内容が確認出来ます。
チェック内容は自由に変更できます。

ライフビュー

主訴、現病歴、禁忌や病名などの情報に加え、患者が今までどのような人生を過ごしてきたかという情報を年表形式でどの画面からも呼び出す事が出来ます。
ライフビューから出来事の詳細情報も参照可能です。

院内カンファレンス

精神科病院の運用に合わせたクリニカルパス機能によりチーム医療の院内カンファレンスを支援します。院内全体の目標、計画、評価が俯瞰でき、計画と評価はカルテ画面とリンクしているためカンファレンスのために別途入力する必要がありません。

 

電子カルテには、オーダリングシステムが内包されています。
日医標準レセプトソフトORCAをはじめ、
各種レセプトシステムと、患者属性、会計、入院情報等の連携が可能です。

GHS対象ソフトウェアは病院基幹業務統合パッケージ – Live Ver5.0以降